植毛方法、それぞれのメリット、デメリット

植毛方法、それぞれのメリット、デメリット

男性でも女性でも薄毛は非常に気になるものです。


植毛とひとくちにいっても、様々な施術方法や価格があるのでまずはしっかりと違いを知ることからはじめるのが良いでしょう。

植毛には、大きくわけて2種類があります、人工と自毛の二つです。


人工植毛とは、その名の通り人工的な髪の毛を頭皮に植え込む方法です。
この場合、カツラとは違いずれたり、はずれたりする心配がなく、自然な仕上がりになります。

また、希望する分だけ増やすことができ、一度で効果が期待できます。

しかし、その反面、拒絶反応や感染症ということが起きる可能性もあり、また、植えた毛は一定の期間で抜けていくために定期的な間隔で追加植毛をしなくてはなりません。

最先端のAGA治療情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

自毛植毛とは、自分の髪を移植する方法で、髪の毛がしっかりと生えている部分から髪の毛を皮膚ごと採取して、植え付けするために株分けし、その後に頭皮に穴をあけ、その株を植え込んでいくという方法です。この方法ですと、自分の髪の毛を使用しますので、拒絶反応がなく、高い生着率があります。
また植えた毛も周りの毛と同じように伸びたり、白髪になっていったりしますので自然な仕上がりとなります。一度の手術のみで、その場所にはその後のメンテナンスは不要です。



しかし、逆に一度の手術では密度が薄いため、数回の手術が必要になり、費用もその分かさみます。

また、移植用の頭皮の採取の際には麻酔を伴う手術が必要となり、施術後はいったん移植した髪の毛が抜け落ち、新たに生え変わるため、日数がかかります。
どの方法にしても信頼できるクリニックを見つけて、しっかりと説明をうけてから行うことが大切です。



Copyright (C) 2015 植毛方法、それぞれのメリット、デメリット All Rights Reserved.